東京での中絶は精神的にサポートが必要です。

  • 東京で中絶手術を受ける前に

    • 人工妊娠中絶手術には、妊娠初期に行うものと妊娠中期に行うものとで、手術の方法は異なります。


      人工妊娠中絶手術は、何らかの理由によって妊娠を継続することができなくなった場合に、手術によって妊娠を中断する方法のことをいいます。



      多くの場合、妊娠初期に行われますが、日本の法律では、妊娠中期にも手術を行うことも可能となっています。ただ、妊娠22週0日をすぎてしまった場合には、どんな理由があっても手術をすることができませんから、注意が必要です。


      東京を中心とする日本全国では、年間21万件もの人工妊娠中絶手術が行われています。

      もちろん東京や大阪などの都市部だけではなく、日本各地で何らかの理由によって、毎日手術によって胎児がおろされています。
      妊娠中期であっても、日本で手術が可能な妊娠22週までの場合、流産ということになりますが、それ以降は死産として報告されるなど大きな違いがあります。



      初期の手術の場合には、機械的に子宮の中から妊娠の組織をかきだして、胎児を体外へと出していきますが、妊娠中期の中絶手術になると、初期手術とは異なり薬で陣痛を起こしてお産のように産みおろす方法になります。また、中期の手術の大変さは、陣痛だけではなく胎児には火葬と死産証明書の手配が必要になり、役所に提出しなければいけません。

      東京の中絶のお役立ち情報を公開しています。

      このように、妊娠中期になってから行う中絶手術はとても心と身体の負担が大きく、赤ちゃんが生まれて死亡したという事実を受け止めなくてはならないということを知っておく必要があります。


      東京でもクリニックが多くありますが、事前に覚悟しておく必要があります。


  • 関連リンク

    • 性についての情報が今日の日本社会では巷に氾濫しています。その多くはインターネットやSNSなどで得られていますが、中には間違った情報も多いです。...

    • 人工妊娠中絶手術には、妊娠初期に行うものと妊娠中期に行うものとで、手術の方法は異なります。人工妊娠中絶手術は、何らかの理由によって妊娠を継続することができなくなった場合に、手術によって妊娠を中断する方法のことをいいます。...