東京での中絶は精神的にサポートが必要です。

  • 東京で母体保護法に基づいた人工妊娠中絶手術

    • 東京における人工妊娠中絶の実態は、現実的には把握することができません。都道府県優性保護審査会から、指定医から、厚生労働省に届け出る中絶件数は、年間30万件前後といわれていますが、これは実数ではなく、見届け数や闇中絶を加えると、年間300〜500万件ともいわれています。日本の年間出生数は、100〜120万人ですから、4人の胎児のうち3人が中絶されているという計算になってしまいます。日本での中絶理由のほとんどは、経済的な理由によるというのが現実です。

      東京の中絶について親身になってアドバイスいたします。

      未婚での妊娠や未成年での妊娠などによって、若いうちに手術を受けるというイメージが先行してしまいますが、実態はそうではなく、20〜30代が全体の30パーセント以上を占め、続いて30〜40代が全体の20パーセントほどの人が経験しているといわれています。



      このデータをみると、未成年であるということ自体が、必ずしも手術を受ける理由であるとは限らないことがわかります。

      東京でも20代や30代の女性が手術を受けることが多く、その理由として、仕事や学業といった専念すべき事業があり、妊娠を継続することができないという理由も少なくありません。



      特に、就職をしてキャリアを積み始めたばかりの女性にとって、仕事のために子供をおろすという選択をするのは、珍しくはありません。非常に残念なことですが、妊娠や出産をすることで、夫やパートナーとの間で障害となってしまうことがあります。
      東京にもクリニックはたくさんありますが、クリニックを訪れる前に、よく考えてみる必要はあります。

  • 関連リンク

    • 性についての情報が今日の日本社会では巷に氾濫しています。その多くはインターネットやSNSなどで得られていますが、中には間違った情報も多いです。...

    • 人工妊娠中絶手術には、妊娠初期に行うものと妊娠中期に行うものとで、手術の方法は異なります。人工妊娠中絶手術は、何らかの理由によって妊娠を継続することができなくなった場合に、手術によって妊娠を中断する方法のことをいいます。...